日本製造業を揺るがす品質問題 神戸製鋼の醜聞続く

日本製造業を揺るがす品質問題 神戸製鋼の醜聞続く。

タグ:日本製造業

発信時間:2017-10-12 18:55:41 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

 日本3位の鉄鋼メーカーの神戸製鋼所はこのほど、銅製品やアルミ製品の検査データを改ざんし、合格品として顧客に供給していたことを認めた。トヨタ自動車や三菱重工など約200社が影響を受けるとみられる。データ改ざんには管理職も含め、少なくとも数十人が関わっており、組織的かつ長期的に行われていたことがわかる。日本の世論はこのニュースに騒然とし、ここ数年間に日本の有名企業のスキャンダルが相次いだため、「メードインジャパン」への信頼が失われつつあるとの見方が出ている。

 

 ▽影響は極めて大きく、大規模なリコールの可能性もあり


川上の工業原材料サプライヤーである神戸製鋼所のデータ改ざんは、産業チェーン全体に極めて大きな影響を与える。日本紙「日本経済新聞」の報道によると、神戸製鋼所のデータ改ざんスキャンダルの影響は航空機や自動車の製造など多くの産業に及ぶ可能性があるという。


 トヨタによると、同社は神戸製鋼所が製造した問題の製品を、日本国内の工場で組み立てる一部車種のエンジンカバーとバックドアに使用している。目下、問題製品を使用した車両と予想される影響の確認作業を進めており、この結果に基づいて今後の対策を決定するという。

1  2  3  


TwitterFacebookを加えれば、チャイナネットと交流することができます。
中国網アプリをダウンロード

日本人フルタイムスタッフ募集    中国人編集者募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで