貿易交渉の下地づくりに誠意と行動を 人民日報

貿易交渉の下地づくりに誠意と行動を 人民日報。

タグ:中米貿易摩擦

発信時間:2019-09-11 16:36:49 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

 中国共産党の機関紙、人民日報は10日付けの論評「鐘声」で、米ホワイトハウスのピーター・ナヴァロ通商製造業政策局(OTMP)局長の発言を強く非難した。

 

 ナヴァロ氏は8日、メディア取材に対し、中国は対米貿易でいわゆる「七つの大罪」を犯したとする従来の主張を繰り返し、追加関税による「全ての負担」は中国側が負うべきだとして、中国を非難した。

 

 これに対し、人民日報も同氏の発言を「嘘」だと応酬。貿易交渉の進展に向け、中米双方が実際の行動をもって良好な下地づくりに尽力するなか、同氏の馬鹿げた発言はこうした大きな流れに逆行するものであり、全くもって建設的でないと指摘し、次のように述べた。

 

 ナヴァロ氏の発言は「誠心誠意」をもって、国際市場にまたも冷や水を浴びせようとするものだ。先ごろの米国株式市場の反応をみれば、ある程度説明がつく。中米間で意思疎通が図られ、互いの対応を好意的に受け止めるなど事態に進展があれば、主要3指数とも揃って上昇する。一方、通商摩擦が激化したり、米国側が事実に基づかない発言で攻撃したりすれば、主要3指数とも揃って大幅に下落する。

1  2  3  >  


TwitterFacebookを加えれば、チャイナネットと交流することができます。
中国網アプリをダウンロード

日本人フルタイムスタッフ募集    中国人編集者募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで