第3回輸入博覧会のキーワード 「新・速・優」

第3回輸入博覧会のキーワード 「新・速・優」。

タグ:第3回輸入博覧会

発信時間:2020-04-25 09:00:00 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

   第3回中国国際輸入博覧会まで200日となった。統計によると、第3回輸入博覧会の準備作業は前2回より速く、企業商業展の契約展示面積は計画面積の60%を超えた。輸入博覧会の「コミュニティ」は拡大し、準備は加速し、展示品が商品になり、貿易が投資を促進するエネルギーは高まっている。「開催を重ねるごとによくなる」輸入博覧会の物語は、中国の対外開放を表している。

 

より新しい:数十社の大物「ニューフェイス」が輸入博覧会に参入

 

 リシュモン、ミシュラン、エプソンが参入。輸入博覧局の統計によると、出展を申し込んだ企業は1000社を超え、数十社の世界500強企業や業界リーディングカンパニーが第3回輸入博覧会の「ニューフェイス」となり、海外企業が中国経済に自信を持っていることを示している。

 

 リシュモングループは16日、「クラウド」で輸入博覧局と戦略提携備忘録に調印し、輸入博覧会に「大物クラス」のニューフェイスが加わった。初出展で、リシュモングループは500平方メートルの展示面積を獲得し、「クラフトマンシップとイノベーション」をテーマに、カルティエ、ヴァンクリーフ&アーペル、ピアジェ、ヴァシュロン・コンスタンタン、モンブランなどの中国の消費者もよく知る高級品ブランドを展示する。

 

 リシュモングループのランバートCEOは、「感染症が流行してもリシュモングループの中国経済回復への自信は変わらない。第3回輸入博覧会への参加およびその後の戦略提携を契約したことは、そのような自信を最もよく表している」と述べた。

 

 フランスのミシュラングループも初出展となる。世界最大の売上高を誇るタイヤメーカーのミシュラングループが各種展示会に直接参加することはほとんどない。2回連続で輸入博覧会を見学し、今回の契約を決めたという。ミシュラングループ中国エリアのヴォスギーCEOは、「第3回輸入博覧会の成功に自信を持っている。さらに中国市場と中国経済の展望にも自信があり、輸入博覧会は世界経済を牽引する最も有力な武器の1つになるだろう」と述べた。

 

 更新は出展業者以外に、新しい科学技術、商品、テーマにも見られる。中国国際輸入博覧局の孫成海副局長によると、第3回輸入博覧会は医療機器および医薬保健展示エリアに「公共衛生防疫専用エリア」を設置し、輸入博覧会は企業のグロバール資源調整と産業チェーン再構築の歴史的チャンスになり、「グローバルな売買と恩恵」を実現する。

 

1  2  3  >  


TwitterFacebookを加えれば、チャイナネットと交流することができます。
中国網アプリをダウンロード

日本人フルタイムスタッフ募集    中国人編集者募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで