『午夜心跳』:ホラー映画が年末年始の映画商戦に初参戦

『午夜心跳』:ホラー映画が年末年始の映画商戦に初参戦。

タグ: コメディー,映画商戦,午夜心跳,興行収入,映画交流

発信時間: 2011-01-05 16:40:31 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

コメディーや時代アクションが年末年始の映画商戦を独占する中、昨年12月24日、ホラー映画『午夜心跳(Midnight Beating)』が封切られ、正月映画にホラーが初登場した。「クリスマス効果」もあって公開3日目で興行収入1000万元を突破、中国産ホラー映画としては初の快挙となった。

監督は、中日の映画交流にも携わっている張加貝(チャン・ジャーベイ)。これまで、『歌舞伎町案内人』(2003)や『さくらんぼ 母ときた道(原題:桜桃)」(2007)など、日本関連の映画を多く撮ってきましたが、ホラー映画は今回が初めてだ。キャストは、香港の人気男優・任達華(サイモン・ヤム)と呉鎮宇(フランシス・ン)がW主演しており、これに先立って公開された3大注目作『狙った恋の落とし方2(原題:非誠勿擾2)』(フォン・シャオガン監督)、『譲子弾飛』(チアン・ウェン監督)、『趙氏孤児』(チェン・カイコー監督)に負けない見所満載の作品となっている。

1   2   3   4    


日本人フルタイムスタッフ募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで

コメント

コメント数:0最新コメント

コメントはまだありません。