ホーム>>社会
チベット百万農奴解放記念日の設立
発信時間: 2009-03-09 | チャイナネット

2009年1月19日、チベット自治区人民代表大会は「チベット百万農奴解放記念日」を設立した。この情報を知ったチベット族の農牧民の人々は、50年前に行われた民主改革を記念する「チベット百万農奴解放記念日」の設立をさまざまな形で支持した。

チベット自治区第9期人民代表大会第2回会議が開幕(1月19日)

会議に参加した代表たちは、『チベット自治区人民代表大会のチベット百万人農奴解放記念日設立に関する決定』に一致した(1月19日)

1959年3月28日、中央政府はチベット地方政府を解散し、チベット自治区準備委員会が地方政府の職権を行使することを宣告した。これによってチベットでは民主改革が始まり、政教合一の封建制度が廃棄された。2年を経て百万人の農奴と奴隷は人身の自由と土地を獲得し、法律で定められた政治的権利をも享有することになった。

関連ニュース:

チベット自治区、農奴解放記念日を決定

「チャイナネット」2009年3月9日

 

 

  関連記事

· チベット民主改革50周年

· 「貴族の息子だった」あるチベット人の物語

· ラサ副市長、「チベット独立勢力は大衆から支持されない」

· チベットの人々、民主的自治と宗教自由を享受

· 日本共同通信社記者が見たチベット

  同コラムの最新記事

· 50年前のチベットの民主改革

· チベット封建農奴制廃止と欧米の「奴隷廃止」

· チベット百万農奴解放記念日の設立

· チベット民主改革50周年