豪首相が発生源の独自の調査を主張、各国から冷遇される

豪首相が発生源の独自の調査を主張、各国から冷遇される。

タグ:豪首相 発生源

発信時間:2020-04-24 15:44:39 | チャイナネット | 編集者にメールを送る


 「世界保健機関(WHO)のすべての加盟国は、新型コロナウイルス大流行に関する独自の調査を支持するべきだ」豪州のモリソン首相は23日に再び、世界に向けこのように主張した。ロイター通信によると、豪州は中国の感染対策の主な批判者になっている。豪政府は連日、フランス、ドイツ、英国などの首脳に、いわゆる「独自の調査」を働きかけているが、冷遇されている。中国外交部の耿爽報道官は23日、「関連報道を目にしている。報道が事実であれば、豪州側が主張したいわゆる独自の調査とは実際には政治的な操作であり、世界の感染対策の協力を妨害しており、人心を得ない」と述べた。


「中国網日本語版(チャイナネット)」2020年4月24日

TwitterFacebookを加えれば、チャイナネットと交流することができます。
中国網アプリをダウンロード

日本人フルタイムスタッフ募集    中国人編集者募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで