新型コロナ発生源が武漢の実験室という説は陰謀論=ロイター通信

新型コロナ発生源が武漢の実験室という説は陰謀論=ロイター通信。

タグ:ロイター 新型コロナ発生源

発信時間:2020-04-29 10:45:53 | チャイナネット | 編集者にメールを送る


 ロイター通信は28日、中国科学院武漢ウイルス研究所研究員、武漢国家生物安全実験室主任の袁志明氏の独占インタビューを公開した。袁氏はインタビューの中で、新型コロナウイルスが武漢ウイルス研究所で作られたものという説はまったく根拠がなく、その発生源についてはまだ定論がないと述べた。


 ロイター通信は、新型コロナウイルスが自然由来であることは科学の共通認識であるが、陰謀論の非難が注目を集めているとした。


 袁氏は「武漢ウイルス研究所の実験室に関する悪意ある非難は無理にでっち上げたもので、既存のすべての証拠と相矛盾する。武漢ウイルス研究所は新型コロナウイルスを開発・生成する意向を持たず、その能力もない。また新型コロナウイルスのゲノムには人為的な手が加わった痕跡がまったくない」と述べた。


 ロイター通信によると、インド工科大学の論文が陰謀論を後押ししている。この論文は、新型コロナウイルスのタンパク質がエイズウイルスのそれと似ていると称した。論文は撤回済み。大半の科学者は現在、新型コロナウイルスの発生源が野生動物であり、うちコウモリとセンザンコウを最も可能性の高い宿主としている。


 袁氏は書面で「新型感染症の7割以上が動物、特に野生動物由来だ。科学者は人に感染する既知の7種のコロナウイルスが、いずれもコウモリ、ネズミ、人間に飼養される動物由来であると判断している」と回答した。


 袁氏はさらに、コウモリから集めたコロナウイルスが実験室からアクシデントで漏洩したという陰謀論を否定し、当該実験室は生物安全手続きを厳格に行っていると述べた。「ハイレベル生物安全実験室には先進的な防護施設と厳格な措置がある。これは人員と環境の安全を守ることが目的だ」袁氏は、武漢ウイルス研究所は情報の透明化に取り組んでおり、新型コロナウイルス関連のすべての引用可能なデータを速やかに共有すると強調した。


 袁氏は、新型コロナウイルスの発生源については「まだ答えがない」とし、英国とドイツの科学者が今月発表した論文を引用し、次のように指摘した。米国で感染が広がっている変異した新型コロナウイルスは、中国のウイルスよりもより「古い」バージョンであり、この変異した新型コロナウイルスは先に米国で生じた可能性がある。


「中国網日本語版(チャイナネット)」2020年4月29日


TwitterFacebookを加えれば、チャイナネットと交流することができます。
中国網アプリをダウンロード

日本人フルタイムスタッフ募集    中国人編集者募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで