ホーム>>中国における貧困撲滅対策>>都市部における貧困撲滅
中国では95万世帯の住宅条件が改善
発信時間: 2008-03-17 | チャイナネット

住宅・都市農村建設省の斉驥副部長は17日北京で、内外の記者団に、「低価住宅の賃借制度の実施により、これまで95万世帯がその恩恵を受けるようになった」と述べた。

斉驥副部長は「経済的に困難な家庭を対象に実施されるこの制度は今の住宅保障システムでは最も核心的な内容である。去年からこの制度の実施が強化され、ますます多くの人がその恩恵を受けている。また、今年、中央政府は68億元を拠出してこの制度の実施に充てる。今後、地方政府のこの面への投入も増やしていくことになる」と語った。

  
 「中国国際放送局 日本語部」より2008年3月17日
  関連記事
  同コラムの最新記事

· 貧困家庭に一足先の臘八粥を提供 四川省

· 従業員生活支援センター、来年区・県レベルに普及

· 上海が貧困高齢者約3500例の視力回復手術

· エイズ患者の死亡率が年々下がる 河南省

· 拉薩市、「零就業家庭」への取り組みに成果