ホーム>>中国における貧困撲滅対策>>都市部における貧困撲滅
北京の都市部住民、全民皆保に
発信時間: 2008-07-02 | チャイナネット

  このほど、北京市労働社会保障局は「北京都市部就労年齢内無就業居民大病医療保険制度の実施に関する意見」を発布、1日より、北京市全市47万人の都市部の就労年齢内の無就業住民は、本籍所在地の社会保険所より大病医療保険の適用を受けることが可能となり、年間の最高保険適用金額は7万元となる。うち、生活保護者、生活補助受給者、重度障害者については保険費用が免除される。今回の措置により、北京市では全民皆保が実現する。

  これにより、北京市の基本医療保険制度は、全市都市部人口の約75%を占める就労者、全市都市部人口の約20%を占める老人・子供、全市都市部人口の約5%を占める就労年齢内の無就業住民に医療保険が適用されることになる。

  「人民網日本語版」2008年7月2日

  関連記事

· 秦皇島などの臨海競技地区の水上交通安全保障

· 五輪の安全保障に備え、秦皇島で反テロ演習

· 地震被災者の預金は全額保障される 劉明康氏

· 国連安全保障理事会、汶川大地震の犠牲者に黙祷

· 中国、身障者の社会保障メカニズムの構築を強調

  同コラムの最新記事

· 北京 国内初の市民皆保、重度障害者は無償

· 中国都市部の一人当たりの住宅面積、28メートルに

· 中国では95万世帯の住宅条件が改善

· 貧困家庭に一足先の臘八粥を提供 四川省

· 従業員生活支援センター、来年区・県レベルに普及