ホーム>>中国における貧困撲滅対策>>都市部における貧困撲滅
チベット、新卒者の就職率8割に
発信時間: 2009-12-16 | チャイナネット

11月末現在、チベット自治区では全体の8割を超える1万人余りの新卒者がすでに就職口を見つけたということである。

今年、チベットの新卒者は過去最多の1万3000人となった。政府は新卒者の起業をサポートするため、1000万元(日本円でおよそ1億3000万円)規模の支援策を打ち出した。現在、初回の10万元(日本円でおよそ130万円)がすでに支給されている。

なお、チベット自治区は2006年から、就職優遇政策を打ち出している。その結果、ここ数年、新卒者の就職率は全国平均を20ポイントほど上回る90%以上を維持しているということである。

「中国国際放送局 日本語部」より2009年12月16日

  関連記事

· 中国初の地熱発電所:チベット自治区羊八井

· チベット自治区、新中国建国60周年を祝う

· チベット自治区の納木錯 人を酔わせる美しさ(写真集)

· チベット自治区の各種学校数と教職員数

· チベット自治区主席、ダライ・ラマに対して「言葉だけでなく行動も」

·

  同コラムの最新記事

· 北京の都市部住民、全民皆保に

· 北京 国内初の市民皆保、重度障害者は無償

· 中国都市部の一人当たりの住宅面積、28メートルに

· 中国では95万世帯の住宅条件が改善

· 貧困家庭に一足先の臘八粥を提供 四川省