ホーム>>中国における貧困撲滅対策>>貧困撲滅プロジェクト
汶川の再建、著しい成果を上げた
発信時間: 2010-02-01 | チャイナネット

 

 2008年大地震に見舞われた四川省の被災地では、全国各地の支援の下、1年余りの努力を経て、基本生活や教育、医療、工業、商業などがほぼ回復した。

 新華社通信によると、中央政府は3000億元の資金を投入して、再建基金を設置した。その後、各地方政府も、四川省、陝西省、甘粛省の震災地の再建のために一対一の支援方案を提出した。また、広東省や江蘇省、上海市、北京市など19の省と市は大勢の技術者を被災地に派遣した。資金投入額は地方財政収入の1%に達した。

 2009年末までで、全国各地による支援プロジェクトは3400件余りに達している。支援金額は740億元で、現在までに、50%以上のプロジェクトが完了した。

「中国国際放送局 日本語部」より2010年2月1日

  関連記事
  同コラムの最新記事

· 寧夏の干ばつ地の農民、移住して新たな生活

· 国内初の「牛乳愛心基金」が設立

· ボランティア1090人を緊急募集 被災地復興に

· 中国福祉宝くじ、1~3月の販売額156億元

· 北京:「身体障害児孤児支援基金」設立