ホーム>>中国における貧困撲滅対策>>貧困撲滅プロジェクト
国連事務次長補、中国の貧困撲滅対策を高く評価
発信時間: 2010-02-18 | チャイナネット

国連のアジェイ・チバー事務次長補は17日、アジア開発銀行本部の記者会見で「中国は自国の貧困人口を大幅に減らしたと同時に、ほかの発展途上国をも援助することで、世界の貧困撲滅対策で重要な役割を果たしている」と評価した。

国連の関連部署とアジア銀行が17日に共同発表した報告によ入と、中国農村部の貧困人口は1978年の2億5000万人から、今の1500万人に下がったということである。

「中国国際放送局 日本語部」より2010年2月18日

  関連記事
  同コラムの最新記事

· 汶川の再建、著しい成果を上げた

· 中国東部6省で絶対的貧困が撲滅、相対的貧困が顕著に

· 寧夏の干ばつ地の農民、移住して新たな生活

· 国内初の「牛乳愛心基金」が設立

· ボランティア1090人を緊急募集 被災地復興に