ホーム>>中国における貧困撲滅対策>>関連政策と法規
中国、貧困地域の防災能力向上に尽力
発信時間: 2008-07-15 | チャイナネット

中国国務院貧困扶助開発弁公室の範小建主任は14日北京で、中国は今後、貧困地域の防災能力を向上させることに力を入れることを明らかにした。

範小建主任は「四川大地震への対応:貧困地域の開発と震災後の復旧」と題する国際シンポジウムで、「国務院貧困扶助開発弁公室は、引き続き震災後の復旧活動を進めると同時に、貧困扶助と災害対応に対する研究に力を入れている。自然災害の対応メカニズムをいち早く構築し、貧困地域の防災能力を向上させなければならない。それに、震災後の復旧と産業メカニズムの調整、貧困扶助のための人口移転と労働力の移転を融合すべきだ」と強調した。

2日間にわたるシンポジウムは、国務院貧困扶助開発弁公室とイギリス国際開発省の中国駐在事務所が共同主催したもので、専門家たちの間の交流を通じて、国際社会のよい経験を学び、震災後の復旧活動と貧困扶助の融合を実現させるためのメカニズムとルートについて討議する。

「中国国際放送局 日本語部」より2008年7月15日

  関連記事

· 農村の絶対貧困者数、1487万人に減少 

· 中国の貧困ライン、年収1300元に引き上げ

· 10-6 問 海外のメディアは、中国8億の農民の大多数が実際には社会保障システムから外され、予知できない医療費負担のリスクや貧困状態に陥っている、と報じているが、実情はどうか。広大な農村に、農民のための社会保障制度は確立されたのか。

· 中国は貧困人口半減目標を前倒し達成した世界唯一の国

· 中国、貧困人口半減を時期を繰上げて実現

  同コラムの最新記事

· 北京 国内初の市民皆保、重度障害者は無償

· 中国、身障者の社会保障メカニズムの構築を強調

· 西蔵の経済社会発展に対する中央政府支援

· 農村の絶対貧困人口が2148万人に減少

· 自然や歴史が残した「特殊類型貧困問題」、依然深刻