ホーム>>中国における貧困撲滅対策>>関連政策と法規
回良玉副総理、貧困撲滅の強化を表明
発信時間: 2009-10-18 | チャイナネット

17日は17回目の「国際貧困撲滅デー」だ。中国の回良玉副総理は北京で、「貧困地域と貧困住民が経済発展の成果を共有できるように、貧困撲滅事業を更に推し進めなければならない」と表明した。

さらに回副総理は「国際金融危機によって、世界中の貧困人口が急速に増えており、中国の貧困撲滅事業にも影響している。その中で、貧困層も経済発展の成果が共有できるように、中国政府は国民生活のレベルアップを重点とする社会事業への投入を増やしている」と説明した。

なお、統計によると、中国の農村部で、衣食にも事欠くいわゆる「絶対貧困人口」は、1978年の2億5000万人から2007年の1479万人に減ったという。

「中国国際放送局 日本語部」より 2009年10月18日

  関連記事

· 中国貧困扶助基金の慈善活動に半年で400万人参加

· 中国の貧困撲滅運動が世界の貧困撲滅を加速

· 米国務長官、中国の貧困撲滅事業を評価

· 60年で貧困からややゆとりのある生活へ

· 中国労働組合、貧困大学生の就職を支援

·

  同コラムの最新記事

· 貧困撲滅の基準、来年から年収1067元に(動画)

· 中国政府、就業の安定維持に多くの措置

· 中国、貧困地域の防災能力向上に尽力

· 北京 国内初の市民皆保、重度障害者は無償

· 中国、身障者の社会保障メカニズムの構築を強調