ホーム>>中国における貧困撲滅対策>>関連政策と法規
中国、貧困撲滅を強化
発信時間: 2009-10-18 | チャイナネット

国務院貧困撲滅開発指導グループの責任者範小建氏は18日北京で「中国は民族地域や国境地域、貧困地域の発展に対する投入を拡大し、地域、業界と社会などでの諸政策の実施を貧困地域や貧困人口に傾けていく」と述べた。

範小建氏はこの日開かれた農村貧困撲滅国際会議で、「新中国建国60年来、農村は大きな変化を見せ、貧困撲滅事業は著しい成果を収めた。統計によると、衣食問題がまだ解決されていない貧困人口は1978年の2億5000万から2007年には約1400万に減り、農村人口を占めるその比率は30%から1.6%に下がった」と述べた。

範小建氏はまた、「中国はこれからも開発的な貧困撲滅政策を実施し、発展過程で出る格差の拡大を効果的に抑制し、新たな基準に基づき、貧困人口の衣食問題を解決し、人々がゆとりある生活を過ごせるようにすることを主要な任務としていく」と述べた。

「中国国際放送局 日本語部」より 2009年10月18日

  関連記事

· 回良玉副総理、貧困撲滅の強化を表明

· 中国の貧困撲滅運動が世界の貧困撲滅を加速

· 米国務長官、中国の貧困撲滅事業を評価

· 中日協力貧困撲滅計画、貴州の農村発展を推進

· 貧困撲滅の基準、来年から年収1067元に(動画)

·

  同コラムの最新記事

· 新型農村養老保険、今年は全国10%の県で試行

· 貧困撲滅の基準、来年から年収1067元に(動画)

· 中国政府、就業の安定維持に多くの措置

· 中国、貧困地域の防災能力向上に尽力

· 北京 国内初の市民皆保、重度障害者は無償