ホーム>>中国における貧困撲滅対策>>関連政策と法規
中国、西部地域の新型インフル予防能力の強化に
発信時間: 2009-10-20 | チャイナネット

陳竺衛生部長は19日北京で、「西部地域の新型インフルエンザ(H1N1型)の予防能力を出きるだけ速く向上させていく」と強調した。

陳竺衛生部長は「衛生部は西部地域の新型インフルエンザの予防能力に対し改めて科学的な評価を行い、その不足点を出きるだけ速く補い、ワクチンや薬品などの提供を増やし、その予防活動の効果的、かつ順調な進展の確保に全力を挙げていく。西部地域の経済発展は相対的に立ち遅れており、医者と関連物質などが不足し、医療サービスが行き届かず、医療救助での経験に欠けており、また、呼吸器管系統の伝染病の治療では難度が大きく、重症者が多く、死亡率が高いことから、疫病予防は大きな試練を迎えている」と述べた。

「中国国際放送局 日本語部」より2009年10月20日

  関連記事

· 全国運動会で選手3人が新型インフルに感染

· 中国 新型インフル流行「第二波」到来

· 中国大陸、新型インフル死亡者が2人に

· 秋のインフルエンザ流行 新型インフルの予防が厳しい情況に

· 中国政府、新型インフルエンザの予防と治療に50億元を投入

  同コラムの最新記事

· 回良玉副総理、貧困撲滅の強化を表明

· 新型農村養老保険、今年は全国10%の県で試行

· 貧困撲滅の基準、来年から年収1067元に(動画)

· 中国政府、就業の安定維持に多くの措置

· 中国、貧困地域の防災能力向上に尽力