ホーム>>中国における貧困撲滅対策>>西部大開発
青海 「高原の道路網」整備に600億元
発信時間: 2010-01-29 | チャイナネット

 

 西部大開発戦略の実施以来、青海省では機会を逃さず高原の道路建設を進めてきた。ここ10年で600億元を投じて青海高原を縦横に走る道路交通ネットワークを構築し、省全体の道路長さは2009年末には6万キロ以上に達し、10年前に比べて4万キロ以上増加した。現地の経済や社会の発展と各民族の大衆の生活条件改善を促進している。

 「人民網日本語版」2010年1月29日

  関連記事

· 日本借款で青海湖の生態環境が改善

· 日本借金により、青海湖生態環境が成果を挙げる

· 青海に初めての飲用水源水質自動観測所を設置

· 円借款で青海湖周辺の生態環境が改善

· 青海・柴達木盆地に国内最大の塩化工拠点

·

  同コラムの最新記事

· 青海省の面積の3割が自然保護区

· チベット、「南アジア陸路貿易大通路」を建設

· 蘭新鉄道の開通、ユーラシア鉄道の運営効率が向上

· 中国聯通、チベットの情報化建設に18億元

· 青蔵鉄道が4度目の冬