ホーム>>中国における貧困撲滅対策>>西部大開発
中国中西部で初の高速鉄道が開通
発信時間: 2010-02-07 | チャイナネット

中西部では初の高速鉄道、鄭州と西安を結ぶ鄭西高速鉄道が6日正式に開通した。

2005年着工したこの高速鉄道は全長505キロで、列車の時速は350キロ、鄭州から西安までの運行時間はこれまでの6時間から2時間以内に短縮された。

これは幹線高速鉄道としては、武漢と広州を結ぶ武広高速鉄道に継ぐ2本目のものである。

「中国国際放送局 日本語部」より2010年2月7日

 

  関連記事

· ボーイング737より速い武漢―広州の高速鉄道が開通

· 武漢―広州高速鉄道の乗車券価格、話題に

· 京滬高速鉄道、最長のトンネルが貫通

· 北京と瀋陽を2時間半で結ぶ高速鉄道、まもなく起工

· 中国、ロシアの高速鉄道建設をサポート

  同コラムの最新記事

· 青海 「高原の道路網」整備に600億元

· 青海省の面積の3割が自然保護区

· チベット、「南アジア陸路貿易大通路」を建設

· 蘭新鉄道の開通、ユーラシア鉄道の運営効率が向上

· 中国聯通、チベットの情報化建設に18億元