観光>>豆知識
新疆観光時の要注意事項
発信時間: 2007-12-27 | チャイナネット

新疆観光時の要注意事項

新疆ウイグル自治区(以下は新疆と略)ではいろいろ気をつけなければならないことがあり、それは新疆における歴代の宗教信仰と長年の生活習慣を踏襲してきたものでもある。このため、それは新疆の人々にとって根強いものであり、観光者はかならず気をつけなければならない。

 

一、セクシーということをめぐっての要注意事項

胸や背中があらわになる服やあまりにも短くて窮屈な服を着ることは避け、ベスト(チョッキ)やショート・パンツ姿で屋外で活動するか他の人の自宅を訪れることは嫌がられる。女性のアパレルあるいはあまりにもセクシーな衣服は嫌な目で見られる。

 

二、大きな目で見つめることも御法度

多くのウイグル族の人たちにとっては、人々がほかの物をねたんだり羨ましがったりあるいは才能のある人をねたむ目つきは、ある種の超自然的な悪の力を持ち、自分の好きな人、物あるいは従事している事業にさまざまなマイナスをもたらすことになると見ている。新疆では、ウイグル族の人あるいは彼らの品物を目をまるくして見つめるかあるいはバザール(自由市場)で何かを長時間見るだけで買おうとしないことは絶対に禁物。

 

三、オナラをするのもいけない

新疆では、公的な場所で音を出しても出さなくてもオナラをすることは絶対御法度で、周りにすでに沐浴して礼拝に行くつもりの各民族の回教徒がいるかもしれないからである。イスラム教の経典『コーラン』によると、どんなオナラでも沐浴を台無しにしかねないからである。このため、これらの回教徒たちは経典の教えに従ってもう一度沐浴しなおさなければならなくなる。

 

四、飲食面で気をつけなければならないこと

飲食の面で、新疆の回教徒たちはブタ、イヌ、ロバ、ラバの肉と猛獣と猛禽の肉を食べることを禁じ、屠殺を経ない、死んだ動物の肉やすべての動物の血を食べることをも禁じている。これらはイスラム教をもととするものであり、今ではすでに習俗となっている。

 

五、崇拝していることに気をつけること

食糧、塩やさまざまな食品を踏みつけることを禁じ、塩と火につばを引っ掛けてはいけない。「ヤラク(汚れた水を捨てる場所)」を踏むかまたぐことを禁じ、そのような場所にはご飯の粒、パンのくずと塩水があり、これらのものはすべて「聖なる物」であるからである。

 

六、礼儀の面で気をつけること

新疆の人たちは客をもてなすことと客となる面で重視しなければならないことがたくさんある。テーブルかけを踏み付けるかあるいはそれを跨ぐことを禁じている。客はかってに皿の中の食べ物を動かしたり、食べ物のにおいを嗅いだりすることは御法度で、かってにかまどの前に立つか、ナベや盆などの炊事道具のフタを開けて見てはならない。ご飯の粒を地面に落としてはならず、一旦地面に落としたら、それを拾い上げてテーブルかけの上に置かなければならない。茶碗の中のご飯を食べ尽くさなければならず、茶碗に食べ物を残してはならない。パンあるいはまんじゅうを食べる際、それをちぎって食べなければならず、丸呑みしてはいけない。食事の後、茶碗や小皿をたたいてもいけない。客となる時、もし用事があって席を離れなければならない場合、人の前ではなく、必ず人の後ろを通って行くようにしなければならない。食事の後お祈りをする際、きょろきょろ見回したり、ゲラゲラ笑ったり、立ち上がって行き来したりしてはいけない。客はかってに主人の品物にさわったり、ひっくり返して見たり、主人の部屋の中を行き来したりしてはならない。

 

食事前と食事後に手を洗わなければならず、洗い終わった後、手についている水しずくをむやみにふるい飛ばしてはならず、必ずタオルでそれを拭いて乾かすようにしなければならない。食物の入った箱や麻袋や塩の入った袋やご飯を炊く道具の上に腰をかけてはいけない。ご飯を食べている時、あるいは人と話し合っている時に、痰(たん)を吐いたり、鼻をかんだり、鼻くそをほじくったり、耳あかをほじくり出そうとしたり、爪を切ったり、かゆいところを掻いたりするなどは最も嫌がられるか、失礼なことと思われる。家のオンドルの上に腰を下ろす時、両足をぴんと伸ばして足の裏を人に向けてはならない。贈り物やお茶やご飯を盛った茶碗を引き受けるか差し出す際、両手を使わなければならず、片手だけでは礼儀をわきまえないと見なされる。家に客がいる場合、地面を掃除するようなことをしてはならない。客となる時、主人のもてなしに従うべきで、なんと言っても食べたくないものであっても1口味わい、完全に断ってはならず、これによって主人に対する尊敬の気持ちを示さなければならない。主人が客にお茶を注ぐ時、客は両手で茶碗を差し出すべきで、遠慮の気持ちを表すために急須を受け取って自分で注いではならない。

 

七、人をほめる時に気をつけること

一部の新疆の人たちは他人が自分の目の前で自分の子供をほめることを嫌い、特に「太ってるね」、「きれいだ」、「食欲がある」などの言葉を使ってはならず、親戚であろうと、友達であろうと、家に入ると主人の子供を抱き上げようとすることを嫌がり、特にはるばるやって来た客が自分の子供を抱き上げようとすることを嫌い、それは子供をびっくりさせて病気になると思っているからである。

 

「チャイナネット」2007年12月

  関連記事

· 内外カメラマンのレンズを通してみた新疆

· 新疆ウルングル湖、秋の漁期始まる

· 新疆 1700年前のクチャ国の漢式の墓を初めて発見

· 新疆で多浪人文化を展示、伝統的な糸より車が人気

· 観光ピークを迎えた新疆の喀納斯自然景観保護区

  同コラムの最新記事

· チベット旅行の際に知っておきたいミニ常識

· チベット観光での要注意事項