スコットランドのカメラマン、中国の変革を31年間写す

スコットランドのカメラマン、中国の変革を31年間写す。

タグ:中国改革開放

発信時間:2018-12-06 10:40:21 | チャイナネット | 編集者にメールを送る


ブルース・コノリー氏

 

 『中国日報』は、「外国人の改革開放ストーリー」をテーマに専門家5人を取材した。今回のゲストとなるスコットランド人のカメラマン、ブルース・コノリー氏は、1987年に中国へ来てから31年が経つ。この間に彼は、中国のほぼ全土を訪れ、中国の改革開放後に起こった変化を目の当たりにした。

 

 31年かけて中国全土をほぼ踏破

 

 1987年にブルース・コノリー氏は、自分のカメラを持って中国へ来てから探索の旅を始めた。中国の広東、広西、雲南、海南、貴州、新疆、寧夏など多くの地方に足を延ばし、行ったことが無いのは浙江、福建、江西のみだ。

 

 コノリー氏が中国に来たばかりの頃は、まだ蒸気機関車が走り、ゆっくりと時が流れていた。ところが発展に伴い彼は、中国鉄道システムの進化を目の当たりにする。彼の目には、中国の高速鉄道が世界最高の鉄道システムに映る。

1  2  >  


TwitterFacebookを加えれば、チャイナネットと交流することができます。
中国網アプリをダウンロード

日本人フルタイムスタッフ募集    中国人編集者募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで