日中面白異文化考 医学の神様の神農氏

日中面白異文化考 医学の神様の神農氏。

タグ:日中面白異文化考 三潴 正道

発信時間:2018-06-14 14:17:38 | チャイナネット | 編集者にメールを送る


麗澤大学特任教授 三潴 正道


「神農氏って、“農”がついているから、農業に関係あるのよね」


「そう、だから牛の角が生えているんだ」


「中国人は昔から牛を使っていたのね」


「そうだよ。だから、以前は農村に行くとよく“牛王廟”っていうのがあった」


「牛の神様を祭っているんだ」


「その通り」


「そう言えば“ごずめず”って知ってる?」


「“ごずめず”?聞いたことないな。何それ?」 


「“牛頭馬頭”、って書くの。地獄の獄卒。中国の人、知らないのかしら」 


「わかった。それ中国では“牛頭馬面”って言うんだ」


「中国にもあったのね」


「あれはさ、仏教からきてるんだよ。そう、インド伝来」


「そうなんだ。じゃあ、神農さんとは関係ないのね」


「地獄は仏教の考え方だからね。仏教伝来はずっと後だもん」


「神農氏の部族のトーテムは牛だったのかもね。それで草をもぐもぐ」


「いや、あれはちょっと意味が違うんだ」


「えっ、だってウシさんなんだから」


「君の先生の家、漢方医で何でウシさんの掛け軸があったの?」


「そうか…。農家じゃないのにね」


「実は、神農氏は医学の神様でもあるんだ」


「アッ、そうなの!」


「漢方ってさ、薬の原料、何を使う?」


「いろいろの植物、それから鉱物も使うわ」


「その通り!でもいろんな植物の効能って誰が教えてくれたんだろう?」


「それは長年積み重ねた経験で分かったんでしょ?」


「事実はそうだろうけどね、それを伝説化して、神農氏が教えてくれたことにしたんだ」


「ふーん、それで、医学の神様でもあるのね」


「お茶の水に江戸時代の学問所だった湯島聖堂があるの知ってる?」


「聞いたことあるけど。あなた行ったことあるの?」


「そりゃ、日本史専攻だもの、行ったさ」


「それで?」


「その建物の後ろに神農壇があるよ。今は入れないかも」


「そこの神農さん、やっぱり草食べてるの?」


「いや、素朴に稲穂を持っていたよ。本来の農業の神様のスタイルだね」



「中国網日本語版(チャイナネット)」2018年6月14日



TwitterFacebookを加えれば、チャイナネットと交流することができます。
中国網アプリをダウンロード

日本人フルタイムスタッフ募集    中国人編集者募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで