ホーム>>社会
写真でチベットの古代の歴史・沿革を見る
発信時間: 2009-03-27 | チャイナネット

三、明代(1368年~1644年)

大宝法王の印。大宝法王は明代政府がチベットで封じた三大法王の一つ

1368年、元朝に代わり明朝となると、元朝の古い勅令や印章を接収し、それに代えて明朝の新しい勅令や印章を発布する方式を採用して、政権は平和的に移行し、チベット地方に対する国家主権を継承した。明朝には、元朝の用いた職官制度はなく、特色ある僧官封授制度を建てた。各地方の政治と宗教面における代表的なリーダーに明朝はそれぞれの称号を与え、また彼らに印章と領地を与えて、それぞれの地方を管理させ、官職の継承は皇帝の批准に拠るものとした。

     1   2   3   4    


  関連記事

· チベット民主改革年表

· 中国大使、チベット問題について欧州議会に書簡

· ラサ哲蚌寺の僧侶、チベット民主改革を語る

· 口述録音で「グサル王伝」を救うチベット族研究者

· 「チベット民主改革50周年記念」のエンブレム

  同コラムの最新記事

· ダライラマの馬屋

· チベットの歴史沿革④中華人民共和国期

· チベットの歴史沿革③中華民国期

· チベットの歴史沿革②元代~清代

· チベットの歴史沿革①吐蕃王朝期(7-12世紀)