ホーム>>文化>>お薦めトピックス
南京博物館収蔵の不老不死の薬とは?
発信時間: 2009-09-07 | チャイナネット

 

貴族たちを夢中にさせた理由

 

高崧一族の陵墓から出土した薬が入った容器

 

魯迅の「魏晋風格及び文章、薬と酒の関係」という文章の中では、薬を飲んだ名士たちの顔は真っ赤になり、内臓が燃えているかのように感じるため、これをおさえるために大量のお酒を飲まなければならなかったと記されている。また全身にできものができるため、幅広の衣装でなければ衣装に擦れ、まるで刀で切りつけるようだったという。そのため当時の貴族たちはみんな幅広の衣装を着ていた。

また薬と酒のせいで貴族たちは傲慢で怒りやすく、剣でハエを追う名士もおり、また感情を抑えきれず、おかしな発言をする人もいたという。

実際こうした「不老不死の薬」は、人の命にかかわる毒薬だった。しかしそれにもかかわらず、なぜ貴族たちはそんなに「不老不死の薬」に夢中になったのか。

晋代とその前の魏代の200年間は、政権の更迭が頻繁に行われ、戦争が絶えず繰り返され、自然災害も加わって人々の生活は非常に不安定だった。

そして東晋の皇室は中原から南京に追われ、悲観し消極的になっていった貴族たち。そうした心の苦悶から抜け出すために、貴族たちは再び政治を語らず、精神的な物を追求するようになった。そして不老不死や仙人になるということを唱える葛洪の神仙道教が最も影響力を持つ道教の宗派になり、多くの貴族が信奉するようになっていく。

 

「チャイナネット」 2009年9月7日

 

     1   2  


  関連記事

· 写真集:三星堆博物館の神秘的な収蔵品

· 首都博物館の所蔵品・玉製の宝物

· 首都博物館の貴重な所蔵品―手の込んだ壺や瓶

· 精緻を極めた国宝の彫刻品 首都博物館所蔵

· 首都博物館に収蔵されている金製のお宝

  同コラムの最新記事

· 新中国60年 考古学の発展と貢献

· 七夕節の文化

· 外国人を困惑させる中国の「酒席社交」

· 写真集:三星堆博物館の神秘的な収蔵品

· ホワイトカラー アフターファイブは露天商